共同研究

当社は、以下の共同研究・共同プロジェクトに参画しています。
これらを通じ、最先端の人工知能技術の開発や、その生命科学研究への応用に積極的に取り組んでまいります。

  • デジタルデバイスを利用した健康情報計測、および計測情報の統合解析

    当社は、複数のデジタルデバイスを利用した健康情報の計測・計測情報の統合解析実施を目的とし、各デバイスの専門企業と共同研究を行っています。被験者の日常生活データを元に、各デバイスから得た情報の統合解析プラットフォーム・解析技術の開発を加速します。
    湯野浜ヒューマノームラボ

  • がん遺伝子データの人工知能解析手法開発

    当社は診断精度向上や創薬に向けた機械学習手法の開発研究を目的とし、国立研究開発法人 国立がん研究センターとの共同研究を行っています。
    当社のオミックス統合解析に関する人工知能技術と、国立がん研究センターの豊富なオミックス情報・臨床情報・およびこれらに対する知見を融合することにより、課題とする「マルチオミックスデータを統合解析する人工知能技術の研究」において、大規模オミックス情報の統合的かつ横断的な解析を目的とした、人工知能技術の研究開発を進めていきます。
    リリース文

  • 機械学習・数理統計手法の開発

    JST・CREST「離散構造統計学の創出と癌科学への展開」にて、東京大学・名古屋大学・名古屋工業大学・京都大学との共同研究を実施しています。当社は離散アルゴリズムと統計学を融合した統計手法の高度化、オミクスデータの解析を担当しています。

  • 睡眠計測環境の構築

    当社は未だ解明されていない人間の睡眠の謎について解明することを目的とし「SleepTech Lab」を株式会社ニューロスペースとの共同で運営しています。
    「SleepTech Lab」にはベッド・多種類のマットレス・工作設備などを完備しており、睡眠計測デバイスや解析アルゴリズムの開発、マットレスを使った睡眠データ取得の実験が可能です。
    当社が保有する人工知能解析技術と、ニューロスペースの保有する睡眠ビッグデータと観測技術・解析アルゴリズムを融合し、睡眠と人間のあらゆる行動の関連性について解明していきます。
    リリース文

  • 人工知能を用いた効率的な育種の実施

    JST・CREST「倍数体マルチオミクス技術開発による環境頑健性付与モデルの構築」にて、横浜市立大学・筑波大学・チューリッヒ大学・エルピクセル株式会社との共同研究を実施しています。当社は機械学習を用いた倍数体オミクス解析、モデリング技術の開発を担当しています。
    また、AMED「ナショナルバイオリソースプロジェクト」(ゲノム情報等整備プログラム)にて、京都大学・横浜市立大学と「東アジアコムギNAM集団親系統のゲノム多型解析」の共同研究を実施しています。
    関連ニュース

  • 人の心や行動に関する統合解析環境の構築

    当社は本来可視化できない「心」に関する情報の体系的かつ定量的な取得方法の構築・蓄積とその解析を目的とし、株式会社リバネス・サイキテック研究所との共同研究を実施しています。
    当社が有するヒトの理解に対する統合解析技術と、サイキテック研究所の所有する心理学領域情報と知見を融合した統合解析プラットフォームの構築を通じ、心に関する研究開発とその社会実装を推進する基盤作りを目指します。
    リリース文

 お問い合わせはこちらから

株式会社ヒューマノーム研究所