国立がん研究センターとの共同研究開始のお知らせ

株式会社ヒューマノーム研究所(所在地:山形県鶴岡市、代表取締役社長:瀬々 潤)は、このたび診断精度向上や創薬に向けた機械学習手法の開発研究を目的とし、国立研究開発法人 国立がん研究センター(所在地:東京都中央区)との間で、共同研究契約を締結したことをお知らせします。

近年、次世代シーケンサーを代表とする技術進化に伴い、大規模オミックス情報は、従来と比較し、安価かつ大規模に採取することが可能となってきました。

しかしながら、ゲノム変異・エピゲノム・画像情報といった複数のオミックス情報を横断的に解析し、診断精度の向上や創薬に向けた結果を得るための手法は、現状では必ずしも十分に存在するとはいえず、採取された各種情報を統合し、効率よく解析するための新しい手法開発が求められています。

株式会社ヒューマノーム研究所は、このようなニーズに応えるために、各種オミックス情報に対する人工知能技術を用いたアルゴリズム開発、および統合解析の研究開発を進めています。

一方で、我が国におけるがん研究を推進する中核施設である国立がん研究センターは、“最適医療”(Precision Medicine)の実践を目的とし、がんの特性や多様性を解明するための研究基盤として、統合的オミックス研究を強力に推進されています。

今回の共同研究では、株式会社ヒューマノーム研究所のオミックス統合解析に関する人工知能技術と、国立がん研究センターの豊富なオミックス情報・臨床情報・およびこれらに対する知見を融合することにより、以下の研究課題において、大規模オミックス情報の統合的かつ横断的な解析を目的とした、人工知能技術の研究開発を進めてまいります。

共同研究課題名

  • 課題名:マルチオミックスデータを統合解析する人工知能技術の研究
  • 国立がん研究センター研究代表者:がん分子修飾制御分野・分野長 浜本隆二先生

株式会社ヒューマノーム研究所

「人間とは何かー」 健康が当たり前な世界において、個々が自分らしく、楽しく暮らせる健康社会を、最先端テクノロジーによるビッグデータの計測と、人工知能(AI)技術の開発・活用を実施することで、人間とそれを取り巻く環境の理解から実現する研究所です。

所在地〒104-0045 東京都中央区築地2-4-10 SAテンハウス2階
代表者代表取締役社長 瀬々 潤
URLhttps://humanome.jp/
事業内容ヒトの理解に関連するAI技術研究、統合解析技術の社会実装 等

本共同研究に関するお問い合わせ先

本共同研究に関するお問い合わせは、以下のリンク先よりお願いいたします。

 お問い合わせはこちらから