採用情報

人工知能の研究開発を通じ、楽しく健康に暮らせる、よりよい社会を創る会社です

ヒューマノーム研究所は、人工知能技術の研究開発を実施、それらを活用することで皆が楽しく、かつ健康に暮らせる健康社会の実現を目指しています。

日常生活の楽しく、自分らしい行動の中に、何気ない健康を保つ工夫が散りばめられ、気づいたら健康が保たれている世界ができたら、どんなに良いでしょうか?

そんな健康があたりまえとなる健康社会をヒューマノーム研究所は目指します。そして、その実現には、自分をとりまく環境を定量的に理解し、解析をすることが第一歩だと考えます。

ヒューマノーム研究所は、自分をとりまく環境を様々な実験を通じて観測し、その結果を人工知能(AI)を駆使して統合解析することで、自分が身を置くこの世界を理解し、健康の再定義を目指す、ITとヘルスケアを高いレベルで融合させるベンチャーです。

当社の価値観

  • 01

    健康第一

    健康が保てる社会を広めるために、まず重要なことは自身が「楽しい」「幸せ」だと感じられることです。特に、AI開発を含むソフトウエア開発は、計算機の前で過ごすことも多く、健康とは対極のイメージもあるかもしれません。

    それだけに、社員が楽しく健康に過ごせるように、人間ドック補助、活動量計の貸与などを行うことで、自身の健康状態を計測し、ハックできる社会を、自社からスタートしています。

  • 02

    多様性と成長

    新しい社会を創造するには、未だ見ぬ社会を想像する想像力、構想力、実行力が必要であり、一人のスキルや価値観だけでは成しえません。

    社員間はもちろんのこと、他社・他分野との協力が健康社会の実現には必須であり、他人の言葉に耳を傾けて意見を理解し、見知らぬことは積極的に調べて自分の知識とし、新しいことに積極的に取り組んで自身をアップデートしていくこと、が重要だと考えています。

  • 03

    オープンな空間

    各自が自律的に仕事できる環境作りを推進しています。階級、職種や年齢に縛られず、Slack上でも、リアルな会話でも、互いに質問し、指摘しあえるフラットな環境を構築しています。ソフトウエアの研究開発のために、誰とも話さず過ごす日々・・・それは健康ではない!

    オープンな空間でコミュニケーションを促進しています。雑談から生まれる新ネタ、大歓迎です。(もちろん集中したい人を邪魔するものではありません。)

業務内容紹介

人工知能(機械学習・データマイニング)技術は、日々のニュースでも報道される様に、活用が広がっています。

医療・生命科学分野でも人工知能技術を利用した医療機器などの開発が進められており、また、農業分野ではスマート農業と呼ばれるAIを活用した効率的な新型農業が開発されています。しかし、現状、人工知能が利用できている範囲は人工知能が活用できる範囲の一部でしかなく、より広く人工知能が活躍し、健康社会実現に貢献するには、解析手法、社会実装、いずれの面も進展が必要です。

当社では、特に画像、センサー、遺伝子情報など異なる情報を含むマルチモーダルな情報を統合し、人工知能技術を導入する先端研究を実施し、共同研究等を通じて社会実装を進めています。

募集一覧

  • 研究員(リサーチャー)

    新規人工知能技術を研究開発し、社会実装をすることで、健康社会の実現に挑戦する研究者を募集しています

    詳しくはこちら

  • エンジニア

    研究活動の推進や、人工知能技術の普及や社会実装を実現する開発業務を担当するエンジニア職を募集しています

    詳しくはこちら

  • プロジェクトコーディネーター

    当社の研究活動立案、研究活動に関わる業務の連携・調整を担当するプロジェクトコーディネーター職を募集しています

    詳しくはこちら

  • リサーチアシスタント

    総務業務全般、会計経理業務全般、広報活動などを担当するリサーチアシスタント職を募集しています

    詳しくはこちら

採用に関するご質問・エントリー

採用に関するご質問やエントリーについては、以下のリンク先よりお気軽にお問い合わせ下さい。

 ご応募・ご質問はこちらから

企業情報

代表ご挨拶

プレスリリース

アクセス

採用情報

お問い合わせ

株式会社ヒューマノーム研究所