経済産業省「平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業(産学連携・データ駆動型のイノベーション創出基盤構築事業)」に採択されました

株式会社ヒューマノーム研究所(代表取締役社長・瀬々 潤)は、山形県鶴岡市の日本海沿いにある温泉街・湯野浜地域に在住する労働者の方にご協力いただき、複数のデジタルデバイスを利用した健康情報の観測と健康寿命延伸に向けたデータ解析を開始いたします。更に、本事業を通じて、個人の健康情報を包括的に解析可能とするプラットフォーム、および統合解析AI技術の開発事業をスタートいたします。

本事業は、社会変革を促す製品・サービス等のアイデアやシステム案を議論し、必要な行動データの収集・分析を行う事業を補助することにより、経済活性化をもたらすことを目的とした、経済産業省「平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業(産学連携・データ駆動型のイノベーション創出基盤構築事業)」に採択されました。

本採択期間では、本事業のパートナー企業として、生体情報観測やデータベース作成を主とする企業数社と協業し、各個人の蓄積されたデータから、本人の現状に近似・適応した仮説を提供するシステムの基盤となるデータベースの構築を行います。

将来的に、パーソナライズされた健康状態の予測や、生活習慣の変化による影響予測等が可能なシステムおよびAI技術開発へとつなげ、本データベースの構築と統合解析技術の開発を通じて、他地域を含めた世界中での健康寿命の延伸を目指します。

事業概要

採択事業名平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業補助金(産学連携・データ駆動型のイノベーション創出基盤構築事業)
採択結果平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業補助金(産学連携・データ駆動型のイノベーション創出基盤構築事業)に係る補助事業者の採択結果について
事業概要人生100年時代における生涯現役社会の実現に向けて、産業界や教育・研究機関、地方自治体等の多様なステークホルダーを巻き込みながら、社会変革を促す製品・サービス等のアイデアやシステム案を議論し、必要な行動データの収集・分析を行う事業を実施する事業者の経費を補助することにより、経済活性化をもたらすことを目的とする。
事業期間交付開始日〜平成31年3月29日
本事業の目的と概要山形県鶴岡市で最も高齢化が進んでいる湯野浜地域に在住する60代および40代の労働者を、生活状況の調査および日常生活で取得可能なデータ採取の被験者とし、対象被験者から得られたデータを元に、個人に紐付いた包括的解析を可能とするプラットフォームおよび統合解析技術を開発することを目的とする。

株式会社ヒューマノーム研究所

「人」に関わる様々な分野の研究者が集まり、「ポストヘルス時代」の在り方を最先端のテクノロジーから生み出されるビッグデータの統合を通じて考え、新たな技術と価値を創造し「人間とは何か」というテーマを追求する研究所です。

東京事務所東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル 3F L-HUB内
代表者代表取締役社長 瀬々 潤
URLhttps://humanome.jp/
事業内容ヒトの理解に関連する学術的統合解析技術の研究開発 等

本件に関するお問い合わせ

本事業に関するお問い合わせは、下記リンク先の問い合わせフォームよりお願いいたします。

 お問い合わせはこちらから