JSTさきがけ研究領域の領域アドバイザーを担当します

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が推進する戦略的創造研究推進事業の一環として実施される、JSTさきがけ研究領域「AI・ロボットによる研究開発プロセス革新のための基盤構築と実践活用[研究開発プロセス革新]」(研究統括・名古屋大学/理研AIP 竹内一郎教授)の領域アドバイザーを当社代表取締役社長の瀬々が担当いたします。

本研究領域は、自律駆動型の研究開発アプローチの確立を目指し、AI・ロボットを活用した研究開発プロセスの革新につながる基盤技術の創出、ならびに、AI・ロボットを活用した科学技術の発展を目指すものです。基盤技術の開発と科学技術研究への活用を密接に連携させながら進めることで、新たな科学発見や技術革新の創出を目指しつつ、自律駆動型研究開発の汎用的な枠組を構築します。

これまで得てきた研究者と経営者としての知見を、本分野から飛び立つ研究成果の社会実装に役立てることができれば、と考えております。

AI・ロボットによる研究開発プロセス革新のための基盤構築と実践活用[研究開発プロセス革新] | CREST・さきがけ・ACT-X研究提案募集