リバネス主催「超異分野学会 益田フォーラム2019」セッション登壇のお知らせ

2019年7月25日(木)に、島根県芸術文化センター グラントワにて開催されます、株式会社リバネス主催「超異分野学会 益田フォーラム2019」内でのセッション「健康を可視化するヘルステックモールの実現」に、当社代表取締役社長の瀬々が登壇いたします。
このセッションでは、益田市で開始する健康なくらしに関わる研究開発の実証試験のご紹介と、これを踏まえたディスカッションを行います。
本イベントは参加費無料となっておりますので、ご興味をお持ちの方はふるってご参加下さい。

開催概要

主催
株式会社リバネス
イベント名
超異分野学会 益田フォーラム2019
日程
2019年7月25日(木) 9:30〜15:30
会場
島根県芸術文化センター グラントワ(〒698-0022 島根県益田市有明町5-15)
参加費
無料(ただし、下記のページより事前申し込み必須)
事前申込み
こちらのページよりお申し込み下さい。
公式HP
超異分野学会 益田フォーラム2019 | 超異分野学会 Hyper Interdisciplinary Conference

本イベントに関するご質問等につきましては、主催:株式会社リバネス様のご連絡先へ、直接お問合せ頂けますようお願い申し上げます。

当日の当社講演内容

登壇日時
2019年7月25日(木) 13:30〜14:30
登壇者
村上 慎之介氏(株式会社メタジェン 執行役員COO / 慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任助教)
小島 尚之氏(株式会社RESVO 取締役CTO)
瀬々 潤(株式会社ヒューマノーム研究所 代表取締役社長)
タイトル
健康を可視化するヘルステックモールの実現
要旨
益田市の病院、企業、商業施設が連携して、健康なくらしに関わる研究開発を始めます。いつものショッピングセンターが、あなたの健康を支える重要な医療拠点になるかもしれません。病院に行く少し手前、「未病」の段階で自分の健康情報を知ることのできる仕組みづくりを目指します。
本セッションでは、プロジェクト本格スタートに先駆けてトライアルを進めている実証試験の成果に触れながら、参加者の皆さまと共に益田市の未来について考えます。
参照URL
超異分野学会 益田フォーラム2019 | 超異分野学会 Hyper Interdisciplinary Conference

超異分野学会 益田フォーラム2019について

大会テーマ:市民参加型の研究プロジェクト始まる〜医食農連携の新たな形〜

島根県益田市は、萩・石見空港から車で10分ほどの場所に位置するものの、人口減少、少子高齢化、農業の担い手不足、山林の荒廃などが著しく、日本創生会議では消滅可能性都市の1つとして挙げられています。リバネスでは、2018年より益田市の方々と協働して、これらの地域課題を解決すべく、県内外の研究者の知識・技術と地元資源を掛け合わせた、独自性の高いプロジェクトを創出しています。2019年のフォーラムでは、現在進めている3つのプロジェクト「ヘルステックモール実証研究」、「放棄林地における放牧畜産」「未利用資源を活用したアグリビジネス」を軸に新たな仲間を集め、研究開発の加速と持続可能な地域分散型都市の構築を目指します。