静岡雙葉中学校・高等学校でHumanome Eyesを利用したAI入門教室が実施されました

去る2022年3月30日、静岡雙葉中学校・高等学校(静岡県静岡市)にて、当社が開発する「はじめてさんでもAI開発できる」ノーコードツール・Humanome Eyesを利用した、株式会社リバネスによる実験教室が開催されました。

中学1年生から高校1年生までの希望者を対象に、いぬとねこの画像を題材として取り上げ、画像認識AIの研究開発の流れを知る、という授業内容でした。
AI開発を自分の手で行いながら、「仮説をたて、検証する」という研究に不可欠なサイクルを体感いただけたようです。

開発したAIに関する発表を行っている様子

ご参加いただいた生徒さんの感想(一部抜粋)

  • 研究は作って終わりではなく、精度を上げていくということが重要なのだとわかりました
  • AIに認識してもらうには何を重視させたら良いのかを何度も考えて、テストしたことが印象的だった。失敗を次に活かそうと思った
  • AIは人間よりも優秀で、学習時間も数秒ぐらいだと思っていたが、間違えたり、時間をかけたりすることに驚いた
  • 今までAIを作ることは難しいから普通の人には作れないものだと思っていましたが、この機会を通して自分でもAIを作れることがわかったので興味を持ちました

参加アンケート(一部抜粋)

満足度(1:満足せず 2:やや満足せず 3:どちらでもない 4:やや満足 5:満足)

Humanome Eyes ✕ 教育活動のご紹介

Humanome EyesはAI開発の過程を完全にブラックボックスにしないことで、プログラミングの知識がない方でも、操作を通じて自然にAI開発の過程を学ぶことができる、という特徴を持ち、これまでも様々な教育・研究機関の初心者向けAI講座の題材として利用されています。

Humanome Eyesを利用した製菓・製パン・調理分野の学生向けAI体験講座のプレ授業が実施されました
2022年3月10日(木)に、製菓・製パン・調理業界を牽引する人材育成に取り組む学校法人大和学園・京都製菓製パン技術専門学校(本社:京都市右京区、以下「大和学園」)で実施された、当社が開発する物体検知AI構築ノーコードツール「Humanome Eyes」を取り入れたAI体験講座の様子を見学…
宇都宮短期大学付属高等学校でHumanome Eyesを利用したAI入門教室が実施されました
先月8月21日に宇都宮短期大学附属高等学校(栃木県宇都宮市)で、当社が開発する物体検知AI構築ノーコードツール「Humanome Eyes」を利用した実験教室が開催されました。 物体検知AIの開発過程をプログラミングなしで体験することで、産業界で広く利用されるAIの活用方法…

当社は、本格的にプログラミングを学ぶ前に、まずはデータから有用な情報を見つける視点を育むデータサイエンス教材づくりに取り組んでいます。
AI教育に関する講義や、授業教材づくりのご相談にも応じております。下記リンクよりお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから

関連リンク