Humanome Image Workstation

ブラウザ上のGUI操作だけで、皆様の持っている画像・動画に対して、物体認識の実行を可能にするワークステーションです。

主な特徴

 アノテーションツール
画像や動画に対し、自分の興味がある領域を囲い、ラベル(物体名)を示すアノテーションツールを搭載しています
 深層学習モデルの学習機能
アノテーションツールで示した領域を基に、ディーブラーニング(深層学習)のモデルを学習し、ユーザ様の問題にあったモデルを学習させることができます
 事前学習モデルの適用
大規模データを利用して事前に学習したモデルを同梱しており、自分でアノテーションすることなく、深層学習を実施して物体の位置とラベルを予測することができます。また、事前学習モデルを利用することで、少量のアノテーションデータからも、ユーザの問題にあったモデルを迅速に学ぶことが可能です
 ブラウザで完結
全ての操作はGoogle Chromeブラウザ上で動作します。このため、本ワークステーションのOSであるLinuxのユーザインターフェスに慣れていなくても、利用することが可能です

 お問い合わせはこちらから

株式会社ヒューマノーム研究所